FUJIMONの大阪湾岸のチヌ落とし込み 本文へジャンプ
趣味の釣りの世界 1999〜2018年(過去20年間)の思い出
ホームページの元の名を「黄黒スナイパー〜大阪湾岸近場のチヌ・キビレ情報〜」などと言いました。
その後「釣りとギターと脳梗塞」にタイトルを変えて、再三、一新して現在のサイトになっております。
近場のチヌ(黒鯛)釣りは趣味ではあり、また凝り性なことからかなり極めた姿勢で取り組んでいましたが、病気の後遺症を負ったいま、過去のものになりつつありました。数年のブランクも経て・・・。
いつかの復活を心に残しておりましたが、近年に少しずつ動き出すことが叶っています。
この先はまだ手探りではありますが。このままでは終われない思いは湧いてきたようです。
H25年よりマイペースでの歩み(再起)をはじめています。さて、どうなることやら?
近年数年間試験的釣行をしてみましたが、やはり変わっていない部分はともかく、動きに自分なりの制限が必要な場面も多く、やはり歯がゆいです。他人と比較しない(交流・遊び心での部分はいいのですが)スタンスで少しずつ様子を見て行き、また思い切りできる時が来れば自然とそういう流れになるのでしょう。
最近の進歩として、真似る釣り〜考える釣りの習慣も身に付いて状況から判断して引き出しを利用する
というのが少し出来つつあります。こういう道に入ってくるとさらに険しいを継続しないと無駄になりますか。
   
病に倒れる2ヶ月前に釣りあげた
貫禄の黒鯛(真チヌ) 当時2007年
病後のマイペースな釣行では更新困難
かと思われた?貫禄のキビレチヌ 
  このチヌ記録は今は更新 56cmへ   これも近年更新しています 50cm到達

1991年〜1998年 大阪湾岸地波止の海釣りを楽しむ。
1999年〜2008年 チヌの前打ち・落とし込み釣りに精通する。
2004年以降に役職・会則・会費のない「キビレ倶楽部」を結成して活動する。
(倶楽部記録の真チヌは実寸57cm)

倶楽部は2004年〜2016年の丸13シーズンをもって卒業へ。
倶楽部OB会も2017〜2018年で一応の閉会となっています。
私個人は2009年〜2012年の静養を経て2013年より徐々に再開。
2014年は、個人釣果において17戦全勝。
2015年初釣りでアタリを出すも連勝ストップ(笑)。掛けるが取れない〜。
今年はダメか?思いきや連続年無し釣果で盛り返し、持ち前の意外性を発揮する。
しかし厳しい時期の釣りはまだまだ効率は悪く、仲間には遠く及ばない。

チヌ・キビレは、FUJIMOTO個人ではブランク期間を除く実働12年で1200枚を超える。
年間45勝。釣行連勝記録27連勝(後に更新)。1回のチヌ最多枚数24枚(後に更新)、
年間最多265枚を記録した年も。年間最多でも釣行回数は61回と少な目のなります。
単に数なら、場所と、回数を稼げればいくらでも増やせそうな感じを掴む(ただしキビレ主体)。
そういう訳で2006年の後半から意識が変わり始め、2007年には年間平均魚寸42.8cmに伸ばし、
数から大物を志向するようになる。真チヌの魅力の意識も高める。
3号ハリスに4号チヌバリとPEラインの目印、これが好きだったが、近年は長竿の目印なしが多い。
チヌ釣りの可能性を追求し、夢だった50cmUPを2006年9月に釣る(実寸50.7cm・拓寸51.5cm)。
その後も記録を実寸で52.1cmまで伸ばすが、2007年、病に倒れ、静養のため休止となる。
その初夏に雑誌社から現地取材依頼が名指しで舞い込むも入院中で断念。
倒れる直前、尼崎港で55cmUPを水面まで上げてバラしてしまったことは痛恨の想いであったが、
2015年6月、その夢サイズだった実寸55cmをクリアして救われた。
僕が倒れた時に息子が描いてくれた55cmのチヌを現実にすることも出来た。
淀川での「チヌ釣り取材」が名指しで舞い込むが、皮肉にも入院中のときで断念。また、別の方面からの
ですが、雑誌の執筆依頼には複数回応えることはできた(感謝)。
河口から10kmも上流の毛馬大堰(長柄)までは潮の混ざる汽水域となるため海釣り対象のキビレチヌがよく釣れ、ホームグラウンドとしてシーズンはよく通っていた。
ホームグラウンド : 南港平林、淀川、南港、北港の大阪湾岸近場。
得意な餌はカニであるが、55cmはミジ貝のダンゴのヘチ釣りで梅雨時期に釣ったもの。
自己新記録56cmは岩ガニで釣ったものである。
最近更新のキビレ49cmも岩ガニによるもので、やはりカニ餌は特に好きである。
(2020年に達成の50cmのキビレはイガイ団子によるもの)

2013年から再開時は釣友にお世話になりながらマイペースで、ちょっとずつでも前に
進んで見ようと、模索釣行で貧果ながらしぶとい釣りを展開しています。
ただし、今は自分なりの試験的行動です。最近は一人電車釣行も増えました。
少々ですが、「真似る釣り」から「考える釣り」に進化中と感じる今日この頃 H27.5.9
もう熱の入った釣りや釣果はないと思っていましたが、奇跡・よもやのカッムバック劇。
2015年は、8月までで50UP年無しチヌ11枚や45UPランカーキビレ10枚が出ました。
       10月、遅まきながら初めて年間個人40UP100枚超えを致しました。
2016年は、これまでの釣りの引き出しを存分に捻出した集大成的な釣りを展開した
       かったのですが、前年より少し良いものの、いまひとつ疲れ気味ですね。
       結果、2015年とほぼ同じ出来でしたが、45cmUP年間50枚を達成しています。
2017年は、本命含む4魚種で自己記録を更新でき、また燃え尽き感より釣行回数が減った
       ものの型には恵まれた年でした。
2018年は、さらに釣行回数に陰りをみせており、型にもあまり恵まれていません。
2019年は、考えるところあり釣行回数そのものが殆ど停滞していましたが、再開。
2020年は、1月まで4シーズン越しで、落とし込み釣果55連勝、本命釣果43連勝
      
(以前の本命27から大きく更新)を樹立しております。

実寸長寸記録
真チヌ(黒鯛) 56.0cm(2017年大阪北港)
キビレチヌ   50.0cm(2020年大阪北港)

・スズキ     66.0cm(2005年大阪南港)
・マコガレイ   31.5cm(1994年泉大津川尻)
・ヒラメ      37.3cm(1994年貝塚人工島)
・アイナメ     32.0cm(1993年忠岡港)
・太刀魚    101.0cm(1993年忠岡港)
・鯉        63.0cm(2006年大阪南港)
・ウナギ      60.0cm(2006年大阪南港)
・キジハタ     46.0cm(2015年大阪北港)
・メバル      27.0cm(1992年和歌山)
・ガシラ      27.0cm(2017年・2020年大阪北港)
・タケノコメバル    35.0cm(2017年大阪北港)
・黒ソイ      25.0cm(1993年忠岡港)
・ウスバハギ   50.0cm(1992年和歌山他同型2枚)
・ボラ       61.0cm(2018年大阪南港)
・カツオ      43.0cm(1991年和歌山)
・イソアマダイ  35.0cm(2015年和歌山)イラ
・マダコ      1.5kg(1996年忠岡港)

渡船経験
・丸高渡船 ・たまや渡船 ・エーワン渡船 ・宮本渡船 ・久保渡船 ・西野渡船
・河内渡船 ・照ちゃん渡船 ・浜吉丸

実戦実績
・和歌山北港海釣園主催大会8位(1990年)
・倶楽部内年末納会優勝4回(2004、2006〜2008)、大会長寸(2014年51cm)
・設計事務所太刀魚大会優勝1回(1995年)
私にとっては、基本的に釣りは自身と向き合うことであって、他人と競うことは
あまり考えておりません。

メデイア登場実績  釣り情報誌 11度
  「ちぬ倶楽部H11年12月号   淀川のキビレ釣行執筆」掲載
  「ちぬ倶楽部H14年12月号   黒予備掲示板キビレ」掲載
  「釣りニュースH18年9月     50UP真チヌ釣果」掲載
  「東海釣りガイドH20年8月号  夜の前打ち執筆」掲載
  「東海釣りガイドH20年10月号  秋は夜のキビレ執筆」掲載
  「東海釣りガイドH26年9月号  淀川周辺のキビレ穴場解説執筆」掲載
  「東海釣りガイドH26年10月号  大阪北港キビレ自己新釣行記執筆」掲載
  「東海釣りガイドH27年3月号  黒鯛一魂真冬の落とし込み解説執筆」掲載
  「東海釣りガイドH27年5月号  クロダイ54cm執筆」掲載
  「東海釣りガイドH27年9月号  本命クロダイ55cmゲット秘話執筆」掲載
  「東海釣りガイドH28年1月号  思わぬビッグワン キジハタ 執筆」掲載

キビレ倶楽部OB FUJIMON 尚、倶楽部は2016年末で卒業しております。
                  2014年は、丸10周年経過に当たったのですが、数年ぶりの
                  納会釣行行事は行われました。その他の派手な行事はありません。
                  倶楽部OBのHPが別に秘かにありましたが、終了しました。

病魔以降の長い休息明けの釣り復帰からのトピックス
H25.5.5 釣友Mさんと、自分としては、なんと4年以上振りの釣行を決行する。
        ここ5年の差というものは、かなり出ましたが(反省も多々あり)、
        実はブランクからの復帰は過去結構強いという自主データがある。
        結果は、前打ち釣法でキビレチヌの31〜42cmを5枚の釣果でありました。
        ただし、釣友は同じ42cmまでを9枚も仕留めている。やっぱり凄い。
        今回の釣行と結果で、今後の何かの足がかりとなればいいのですが。
        Mさん、ありがとう!
H26.7.19 病気を患って以降は、釣行も多くはなく、さらなる記録更新などは難しいと
        思っておりましたが、キビレの自己記録を実寸48.5cmに更新しました。
        この日は、個人ではキビレ30〜48.5cmを5枚、真チヌ38〜43cmを2枚に
        ハネの45〜46cmを2本と数も楽しむ倶楽部釣行が出来ました。
        (この時の模様は、東海釣りガイドに掲載)
H26.9.14 年間回数はそう望めませんが、昨年復活より今日まで、21勝1敗 計76枚。
        何とか自分なりの格好が付いてきていますが、やはり無理の利かない状態で
        あることには変わりません。
        仲間と釣行していても、私は動きが鈍いと思われます。
H26.12.30 久しぶりの釣行と仲間との納会で寒いけど今年最後の釣行。
        厳しいながら最後の気合で真チヌの実寸51cm。本当に久々の50UP。
        釣友さん、ありがとう!
H30.12.30 人を引き付ける力も及ばず、一人電車釣行にも陰り、下り坂を感じて
        今後の活動スタンスを考え直す。行きたくなれば行きますが、記録には
        こだわりたくないので、ここも思い出のページとなります。  
大病後は、なかなか出なかった年無しのチヌ。でも出るときは案外呆気ないものですね。

H27.2.28 このとき、大型の真チヌの自己記録を実寸54.0cmとなりました。
 
ついに実寸記録も50半ばに
魚拓を取ってもロクマルにはまだ遠いですが。
この日は真チヌ54cm・50.5cm・48cmと3発。
 
H27.4.4 今年初の倶楽部釣行決行、
        真チヌとキビレ34〜50cmを2名で合計14枚と楽しんできました。
        仲間との釣行は楽しいですね。
H27.5.2 今年は倶楽部員同志の都合がなかなか合いませんが、今年2度目
        の倶楽部釣行決行、真チヌとキビレ30〜51cmを2名で合計22枚。
 
H27.6.27 実寸55cmの巨チヌで、さらなる自己記録を更新できました。
この日は、50cm・49cmの大型を含め良型の数も楽しめた日でした。
34〜55cmを13枚(40UP10枚)なら近場では大納得です。

2017年、遅れていた内湾の乗っ込み、H29.3.4にやっと46〜52cmを6枚揃え、なおかつ、
H29.3.11 実寸56cmの巨チヌ。2年振りに自己新記録更新となりました。
 
上測りでは56.5〜57cmぐらいか、魚拓取ったら58cmぐらいにはなっていたかな。

H29.4.15 実寸49cmデカキビレ。

上測りでは49.5cmぐらい。墨で魚拓を取れば50超にはなっていたでしょうがが・・・
2020年に50cmに記録到達しました(参考に)。

20年間の思い出ですから。2019年以降の更新状況の画像は出ていません。
   
inserted by FC2 system